【上海モーターショー15】GM、中国に140億ドル投資…新車開発を強化

新車 レスポンス

中国市場において、フォルクスワーゲングループと激しくシェア第一位を争うGM。同社が中国に、積極的な投資計画を打ち出した。

これは4月20日、中国で開幕した上海モーターショー15において、GMのメアリー・バーラCEOが明らかにしたもの。「2018年までに、中国へ140億ドル(約1兆6700億円)の投資を行う」と発表している。

この投資は、主に中国向けの新型車の開発や、生産能力の増強に充当される予定。

GMの中国新車販売は好調。4月9日の時点で、2015年の新車販売が100万台に到達。史上最速そして9年連続での100万台達成となった。

GMのメアリー・バーラCEOは、「全ての事業において、中国がGMの世界規模での成功に、大きな役割を果たしている」と語っている。

  • 森脇稔
  • GMのメアリー・バーラCEO(上海モーターショー15)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ