出光興産、油田開発計画見直しで特別損失…当期赤字1380億円

業界 レスポンス

出光興産は、2015年3月期決算で、石油価格下落などの影響で、油田開発計画が一部見直されることから特別損失を計上、業績見通しを下方修正した。

同社は、資源価格の下落で2014年4-12月期(第3四半期)決算で約267億円の減損損失を計上した。しかし、その後も原油価格の回復が見込めない中、英領北海での石油探鉱・開発事業について今後の事業計画を見直した結果、一部の新規油田の開発移行が当面困難と見込まれると判断。このため、第4四半期決算に固定資産の減損損失で、約392億円の特別損失を追加で計上する。

業績見通しの修正は、売上高は原油価格が上振れした影響で前回予想より900億円増の4兆6300億円となる見込み。

営業損益は石油マージンが想定より改善、前回予想より赤字幅が150億円改善して1050億円の赤字、経常損益が140億円改善して1080億円となる見込み。

通期損益は特別損失の計上、税制改正の影響で、前回予想より赤字幅が400億円拡大、1380億円の赤字となる見通し。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ