ハーレー・ダビッドソン決算、純利益は1.5%増…第1四半期

モーターサイクル レスポンス

米国の高級二輪メーカー、ハーレー・ダビッドソンは4月21日、2015年第1四半期(1-3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、第1四半期の売上高は、16億7000万ドル(約1995億円)。前年同期実績の17億3000万ドルに対して、3.5%の減少。一方、純利益は2億6990万ドル(約322億円)。前年同期実績の2億6590万ドルに対して、1.5%の増益を達成している。

売上高が3.5%落ち込んだのは、為替相場の変動や、出荷台数がわずかに減少した影響。第1四半期の世界販売は、5万6661台。前年同期に対して、1.3%減少した。

このうち、地元の米国では、3万5488台を販売。前年同期比は0.7%減と、わずかに落ち込む。その他の市場も、2万1173台にとどまり、前年同期比は1.1%のマイナス。

ハーレー・ダビッドソンのキース・ワンデル会長兼社長兼CEOは、「引き続き長期的成功を目指して、経営のかじ取りを進めていく」とコメントしている

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ