【全日本モトクロス 第2戦】高みを目指す若きファイター池本凌汰の挑戦は続く

モーターサイクル レスポンス

全日本モトクロス選手権の「IA2」クラス(4スト250cc)は、次世代のトップライダーの座を狙う若手ライダーらが数多く存在し、熾烈な争いが各レースで繰り広げられている。

関西を代表する名門モトクロスチーム「SRM With マウンテンラーダース」に所属する池本凌汰 選手もその中のひとりだ。

北海道出身で、4歳からバイクに乗り始めた池本選手。1994年生まれで、現在は若干21歳。大阪を拠点とするため18歳から1人暮らしをスタートした。

週に4日はコースを走り、練習がない日はライダーパーク生駒(モトクロスコース)で、レンタルバイクの整備などの仕事をして生活費やレース資金を稼ぐ。

オフシーズンにはカリフォルニアで走り込み、モトクロスの本場でトレーニングを積み重ねてきたが、国際A級ルーキーイヤーだった昨シーズンはベストリザルト9位、ランキング21位と納得のいかない成績で終わってしまった。

「2年目となる今年こそは!」と、シーズン前には再度渡米。難易度の高いコースで、スピードのあるライダーらと走りスキルアップを果たしたおかげで、開幕戦は総合5位(ヒート1=5位、ヒート2=5位)とまずまず。それでも本人は納得しておらず、第2戦 関東大会(決勝:4月19日)では、さらに上を目指し意気込む姿があった。

しかし、土曜日の予選レースからリズムが掴めず、その焦りから決勝レースでは両ヒートとも転倒。レース後に話しを聞くと「スピード的には負けていません。本番のレースで、自分の力が出しきれるかが課題です」と、悔しさを滲み出しながらも、冷静に自らを分析した。

シーズンはまだまだ序盤。ランキングは6位につけているが、こんなところで満足はしていない。今後の目標をうかがうと「今年はまず、初の表彰台と優勝を目指し、来年はチャンピオンです!」と、力強い答え。

そして胸を張ってこう言う。「その後はアメリカへ渡ってAMAスーパークロスに参戦し、トップ10入りしたいです」

シーズンは今後、5/17 広島、6/7 SUGO、7/19 藤沢、8/30 SUGO、10/25 SUGOと続くが、スズキ「RM-Z250」に乗るゼッケン49に、これからも目が離せない。

  • 青木タカオ
  • 【全日本モトクロス 第2戦】高みを目指す若きファイター池本凌汰の挑戦は続く撮影:KPF 土井 勝
  • 【全日本モトクロス 第2戦】高みを目指す若きファイター池本凌汰の挑戦は続く撮影:青木タカオ
  • 【全日本モトクロス 第2戦】高みを目指す若きファイター池本凌汰の挑戦は続く撮影:青木タカオ
  • 【全日本モトクロス 第2戦】高みを目指す若きファイター池本凌汰の挑戦は続く撮影:KPF 土井 勝
  • 【全日本モトクロス 第2戦】高みを目指す若きファイター池本凌汰の挑戦は続く撮影:KPF 土井 勝
  • 【全日本モトクロス 第2戦】高みを目指す若きファイター池本凌汰の挑戦は続く撮影:青木タカオ
  • 【全日本モトクロス 第2戦】高みを目指す若きファイター池本凌汰の挑戦は続く撮影:青木タカオ
  • カリフォルニアでの練習風景。撮影:KPF 土井 勝
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ