マツダ通期決算…SKYACTIV搭載車の販売拡大で増収増益

業界 レスポンス

マツダは4月24日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は3兆0338億円(前期比+12.7%)、営業利益は2028億円(+11.4%)、経常利益は2125億円(+51.1%)、純利益は1588億円(+17.0%)だった。

2014年度通期のグローバル販売台数は139万7000台(+5.0%)。市場別内訳は、国内では消費税影響などにより、22万5000台(−7.8%)となった。海外では、北米が42万5000台(+8.9%)、欧州は22万9000台(+10.8%)、中国は21万5000台(+9.2%)、その他の市場は30万3000台(+3.4%)だった。

SKYACTIV技術搭載車のグローバルでの販売拡大、台数・車種構成の改善や「モノ造り革新」による継続的なコスト改善等により、増収増益となった。

今期の業績見通しについては、売上高3兆2500億円(+7.1%)、営業利益2100億円(+3.5%)、経常利益2150億円(+1.1%)、純利益は1400億円(−11.8%)とした。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ アクセラ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ