【GW】前半は広い範囲でポカポカ陽気、後半は曇りや雨も…ウェザーニューズ発表

モータースポーツ レスポンス

ウェザーニューズは、4月25日から5月6日までの10日間、ゴールデンウィーク(GW)の天気予報を発表した。

それによると、今年のGWは全国的に穏やかな天気でスタートするが、次第に寒気や低気圧、前線の影響を受け、4月28日〜5月はじめは変わりやすい天気となる。その後は、東〜西日本を中心に雨や風が強まる日もありそうだ。

GW期間中の気温は、全国的に平年並からやや高くなる傾向で、晴れの日は薄着でも過ごしやすく、半袖で快適に過ごせる日もありそう。ただし、朝晩と昼間の気温差には注意が必要。

北日本では、GW期間を通して高気圧と低気圧・前線が交互に通過し、周期的に天気が変化。北海道では桜の開花が進み、札幌市や函館市周辺で花見を楽しめそうだが、特に28日頃はにわか雨に注意。

東〜西日本では、GW前半(4月25日〜27日)は高気圧に覆われて、お出かけ日和。28日頃からは上空の寒気や湿った空気の影響を受けて変わりやすい天気となり、にわか雨や雷雨の可能性がある。変わりやすい天気は2日頃まで続き、雷雨や突風を伴う恐れもあるため、特に山や海のレジャーは注意が必要。3日頃からは、天気が周期的に変化し、発達した低気圧や寒気の影響で雨や風が強まる日がある見込み。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ