常磐道にインターチェンジ2か所追加へ…復興支援で

社会 レスポンス

太田昭宏国土交通相は4月24日の閣議後会見で、3月1日に開通した常磐道常磐富岡〜浪江間に、インターチェンジ(IC)2か所を追加する方針を明らかにした。

福島県など関係自治体から要望があったもので、太田国交相は「総理に大熊町、双葉町に追加ICを設置したいと説明した。総理からは、福島の復興を加速してほしいと指示があった」と述べ、復興支援が目的だと説明した。

新インターの設置には通常3〜5年かかるが、時間がかかる要因となる用地買収について太田国交相は「地元の協力を頂きたい」と述べ、早期の用地買収への協力を求めた。

常磐道へのIC追加については、福島県が、避難地域の住民の帰還および復興再生を加速するため、早期の整備を求めていた。

  • 編集部
  • 太田国交相
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ