【上海モーターショー15】アウディはプラグインハイブリッドをズラリ!

新車 レスポンス

2015年4月20日に行われたアウディのプレスカンファレンスは、真っ赤なロボットによって仕切られた。

最初にアンヴェールされたのは、中国をはじめ日本やシンガポールといったアジア市場向けに開発された『Q7 e-トロン 2.0TFSI クワトロ』だ。2リットルエンジンとモーターによるプラグインハイブリッド車であり、システム合計出力は270 kW (367馬力)/700 Nmものパワーで、0-100km/h加速わずか5.9秒という俊足をほこる。そして50kmものEV走行も可能としている。市場導入は2016年のはじめとアナウンスされた。

続いてアウディは、2016年の『A6L e-トロン』の導入を予告。中国市場では最初のeトロンとして『A3スポーツバック e-トロン』が2015年に発売されるが、あくまでも輸入品としての導入。中国生産の初めてのe-トロンは、この日に発表されたA6L e-トロンになるという。

そして最後のダンスパフォーマンスの後に登場したのが、ウルリッヒ・ハッケンベルク博士がハンドルを握るコンセプトカー『プロローグ・オールクワトロ』であった。4リッターV8ターボエンジンにモーター、8速ティプトロニックを組み合わせたプラグインハイブリッド車で、システム合計出力は540kW(734馬力)。0-100km/h加速は3.5秒という驚きの性能を備えている。

アウディの最新技術の粋を集めた、このコンセプトカーをハッケンベルク氏は「The Future of mobility!(未来の乗り物)」と紹介した。

  • 鈴木ケンイチ
  • アウディ(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • アウディ(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • アウディ(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • アウディ Q7 e-トロン(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • アウディ A6L e-トロン(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • アウディ プロローグ・オールクワトロ(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • アウディ プロローグ・オールクワトロ(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • アウディ(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • アウディ(上海モーターショー15)《撮影 鈴木ケンイチ》
  • アウディ Q7 e-トロン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ