【上海モーターショー15】PSAと東風汽車、小型車を共同開発へ

新車 レスポンス

フランスの自動車大手、PSA(プジョー シトロエン)は上海モーターショー15で、中国の東風汽車グループ(DFG)との提携を拡大すると発表。さらに、BおよびCセグメントのグローバル車台を共同開発することを明らかにした。

PSAは2014年2月、東風汽車と資本提携。中国市場を重視するPSAが、中国での事業を推進するために選んだパートナーが、東風汽車だった。

上海モーターショー15では、両社が提携拡大を発表。その中でも、柱となるのが、BおよびCセグメントのグローバル車台を共同開発すること。この新型車台は、新世代のモジュラー車台「CMP」と呼ばれ、プジョー、シトロエン、DS、東風の各ブランドに採用される。

両社は、この新型車台の開発に、2億ユーロを投資。PSAが60%、東風汽車が40%を負担する。

この新型車台をベースにした市販車を、中国および東南アジア市場で販売する計画。PSAは、「競争が激しいセグメントにおいて、コスト目標の達成を可能にするだろう」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • シトロエン プレスカンファレンス(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • シトロエンブース(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • シトロエン エアロカクタス(上海モーターショー15)《撮影 関航介》
  • 東風 PSAの東風風神 L60(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ