ボルグワーナー、ジャガー・ランドローバーに部品供給…新世代エンジン用

業界 レスポンス

米国の大手自動車部品メーカー、ボルグワーナーは4月16日、ジャガー・ランドローバーの新世代エンジンに、部品を供給すると発表した。

ボルグワーナーは、自動車用ターボチャージャー製造の大手として知られる存在。また、排出ガスをクリーンにする技術でも世界をリードしている。

ボルグワーナーが、ジャガー・ランドローバーに供給するのは、新世代の直列4気筒エンジン、「インジニウム」用部品。可変カムタイミング機構とエンジンタイミング技術を供給する。

インジニウムには、ガソリンとディーゼルがあるが、ボルグワーナーの部品は、両エンジンに採用。排出ガス中の有害物質を削減し、燃費性能を引き上げる効果を持つ。

ボルグワーナー Morse TECのジョー・ファドール社長は、「我々はジャガー・ランドローバーとの協力関係の拡大を誇りに思う」と述べている。

  • 森脇稔
  • ジャガー・ランドローバーの新世代エンジン、「インジニウム」
  • ジャガー・ランドローバーの英エンジン・マニュファクチャリング・センター
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ