ヤマハ発動機、パキスタン二輪市場に再参入…新工場が稼働開始

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は、2014年4月から建設を進めていたパキスタンの二輪製造拠点 Yamaha Motor Pakistan(YMPK)が完成し、4月27日より稼動を開始したと発表した。

新工場は、カラチ市のビンカシム工業団地に20万平米の土地を確保し、延床面積1万7000平米の工場建屋を建設、従業員約200人で操業を開始。稼動初年度である2015年は3万台の生産を予定しており、2020年には年産30〜40万台規模を目指す。

ヤマハ発動機は、1975年にパキスタンのダウッドグループと合弁契約を締結。ヤマハブランドの二輪車製造・販売の合弁事業を行っていたが、2008年に合弁契約を解消。2012年6月までは技術援助契約にのっとり、ダウッドグループによるヤマハブランド二輪車の製造・販売が継続されていた。以降、同社単独でのパキスタン再進出を模索し、2013年のYMPK設立、今回の工場稼動に至った。

パキスタンの人口は、現在約1億8000万人で、2020年には2億人に達すると見られている。また、二輪車市場は人口増加に伴う旺盛な消費活動を背景に、2014年には165万台に達し、さらに2020年には300万台を超えるものと予想している。

今回の新会社設立・工場稼動は、需要が拡大するパキスタン二輪車市場への再参入で、新中期経営計画で掲げる「事業規模拡大」の具現策の1つとなる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ