三菱重工、ベトナム高速道路向けにグローバルETCを初輸出

テクノロジー レスポンス

三菱重工業は4月28日、ベトナムの高速道路向けに、ETC用アンテナおよび車載器5万台分を受注したと発表した。日本発の規格で世界標準化を目指す「グローバルETC」の初輸出となる。

グローバルETCは、日本では標準ETC規格であるアクティブ方式のDSRC(狭域無線通信)を採用。高速道路料金支払い機能に加えて、多彩な交通関連情報の提供も可能な拡張性の高いシステムで、海外ではマレーシアにて実証運用した実績がある。

グローバルETCが利用されるのは、首都ホーチミン市とメコンデルタのカントー市の間で建設が進む南北高速道路のうち、南部のホーチミン市〜ゾーザイ市間約55kmで、日本政府が有償資金協力を行っている区間。同区間のITS(高度道路交通システム)パッケージは、東芝、日立製作所、伊藤忠商事の3社JV(企業共同体)が、ベトナム高速道路公社(VEC)から受注している。

ベトナムでは、急速な経済発展に伴い、将来的に約6000kmにわたる高速道路の建設が計画されており、自動車の増加に伴う渋滞の緩和も課題となっている。同社では今回の受注を弾みとして、ベトナムをはじめ、世界各国でのグローバルETC拡販を目指していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ