自動車輸出、3.1%減の449万台と5年ぶりの低水準…2014年度実績

業界 レスポンス

日本自動車工業会が発表した2014年度(2014年4月〜2015年3月)の自動車輸出実績によると、四輪車の輸出台数は前年比3.1%減の449万0724台となり、2年連続のマイナスとなった。

輸出台数が450万台に届かなかったのは、2009年度以来5年ぶりとなる。

車種別では乗用車が同4.3%減の385万2178台、トラックは同6.2%増の49万8061台、バスは同2.4%増の14万0485台だった。

そのうち、ノック・ダウン方式の輸出は、乗用車が同15.2%減の16万1811台、トラックが同3.3%増の22万6298台、バスが同24.8%減の2万8563台で、合計は同7.0%減の41万6672台となった。

輸出金額は車両分が1022億2386.4万ドル、部品分が392億7282.1万ドルで、総額が1414億9668.5万ドルとなり、前年と比べて4.2%減少した。

また、生産に占める輸出の割合は、前年に比べて、0.1ポイントアップして、46.8%となった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ CX-3 の船積み風景(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ