【新聞ウォッチ】サッカーファンショック!! トヨタ「クラブW杯」の冠スポンサー撤退

モータースポーツ レスポンス

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2015年4月30日付

●首相米議会で演説,大戦「痛切な反省」(読売・1面)

●東北新幹線4.5時間不通、架線切れ停電、GW6万人影響(読売・37面)

●トヨタ、クラブW杯撤退、前身大会から支援「役割を終えた」(朝日・20面)

●温室ガス、日本の削減目標26%、13年比(毎日・1面)

●富士重、営業益最高に、今期17%増、日産も高水準、北米けん引(日経・1面)

●米テスラCEO、EV充電拠点、日本で拡大、年内に5倍30か所(日経・5面)

●スマートカー、安全、快適頼れる相棒普及段階に(日経・9面)

ひとくちコメント

サッカーのクラブ世界一を決定する「クラブワールドカップ(W杯)」の冠スポンサーから、トヨタ自動車が2014年を最後に撤退していたことが分かったという。大会の関係筋が明らかにしたもので、きょうの各紙がスポーツ面で報じている。

それによると、「クラブW杯」は、欧州と南米王者による世界一決定戦で前身は1960年に開催された「インターコンチネンタル杯」。当初はホーム&アウェーで行われていたが、サポーター同士の対立が激化したために、中立国での開催となり、それにトヨタ自動車が冠スポンサーとして名乗りをあげて1981年から「トヨタカップ」として始まった。

2005年には「クラブ世界選手権」と統合されて世界の6大陸の王者と開催国の代表が争う大会方式に変更。開催地は日本以外でも行われたが、トヨタはスポンサーとして大会を支援し続けてきた。

2015年と16年大会は日本での開催が決まっているが、トヨタは「日本に海外サッカーを普及させる役割を終えた」と判断。昨年12月にモロッコで開催された大会を最後に冠スポンサーからの撤退を決めたという。

個人的にもサッカー好きのため、日本での開催はほぼ全大会を観戦させてもらった。12月の寒い時期で寒風が吹き荒れる中、使い捨てカイロとコートを重ね着しての観戦だったが、世界の名門クラブの超一流選手のプレーに興奮と感動したシーンが浮かんでくる。

大会を主催する国際サッカー連盟は次の支援企業の選定を進めているそうだが、果たして…。

  • 福田俊之
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ