【鈴鹿8耐】超大物ケーシー加入での悩みと期待…MuSASHi RT HARC-PRO 本田監督インタビュー

モータースポーツ レスポンス

ケーシー・ストーナーのチーム加入で注目を集めている「MuSASHi RT HARC-PRO」。鈴鹿8耐では2連覇中で、通算3度の優勝経験を持つトップチームだ。チームの指揮官である本田重樹監督への独占インタビュー第二弾では、ストーナー選手への期待、そして戦略を聞いた。

◆ストーナーのデビューは鈴鹿8耐公開合同テストから

ストーナーが初めて参加するテストは、今後の鈴鹿8耐公開合同テストになる予定だが、本田監督ならずとも期待感が高まっている。

「現役を離れたと言っても、ホンダ『RC213V』をテストで走らせているし、もし今MotoGPクラスに復帰しても、間違いなくチャンピオン候補の一人になるライダー。それほどすごいライダーをチームに迎えることができたのは、本当にうれしいのひと言に尽きる。鈴鹿8耐の発表会でケーシーの参戦を告げたとき、関係者や観客がどよめいたけれど、いちばん楽しみにしているのは私かもしれないね」

しかし、超大物ライダーだけに、監督として早くも悩みは尽きない状態でもある。

「攻めのレースができることは間違いない。でも、欲を出してこれまでの戦法を崩すこともしたくない。目標は、これまで通り218周。最多周回数タイの219周は、すべてがうまく行ったときに初めて見えてくるものと思っている」

◆主役級の3人を擁するゆえに悩みも

今年の鈴鹿8耐にMuSASHi RT HARC-PROはケーシー・ストーナー、高橋巧、マイケル・ファン・デル・マークの3人のライダーで戦う。本田監督はこの3人を高い次元でレースができると評したが、主役が3人となればマシンのセッティングを誰に合わせるかも興味深い。

「ケーシーから色々とリクエストが出ることは十分に予想される。でも、あくまでも3人のライダーで戦うのだから、引くべきところは引いてもらう。もちろんその辺のことはケーシー自身が分かっていると思うけどね」

「マシンの『CBR1000RR』は、ライバルと比較すると馬力面などで厳しいけれど、鈴鹿8耐はマシンパワーで戦うレースではないんだ。パワーを出せば燃費が厳しくなる。この兼ね合いが重要で、そうした部分でCBR1000RRは素晴らしいポテンシャルを持っている。ケーシーがMotoGPマシンを走らせるように本来の走りをすれば、燃費がきつくなる可能性もあるので、本当にテストでのデータ取りが重要になってくる」

「そしてこれまでは、チームの方針としてトップ10トライアルでは耐久レース本番仕様と同じセッティングで出走していたけれど、ファンの期待に応えるのも我々の役目でもあるので、フルパワーで行く可能性もありますよ。いや、まだトップ10トライアルに出走できると決まったわけではないし、そこにケーシーが走ると約束できるものでもありませんが(笑)。でも、ファンならずともケーシーがどれだけのタイムを出すのか興味深いでしょ」

3人で8時間を走るとなると、2人のライダーが3時間ずつ、そして1人が2時間の走行となるわけだが、どこにケーシーを起用するかはその時次第であると言う。

「その決定は、基本的に決勝日の朝になるだろうね。それ以前に想定してのシミュレーションはするけれど、実際には3人のライダーの調子を見て決めることになる。もちろんケーシーにだって、いざとなれば予定外のスクランブル発進もある」

  • 佐久間光政
  • ケーシー・ストーナー氏
  • ケーシー・ストーナー氏
  • ケーシー・ストーナー氏
  • No.634 MuSASHi RT HARC-PRO(鈴鹿8耐2014)《撮影 益田和久》
  • 鈴鹿8時間耐久ロードレース(2014年)
  • 2015鈴鹿8耐記者発表会の様子《撮影 吉田 知弘》
  • 高橋巧(MuSASHi RT HARC-PRO)《撮影 吉田 知弘》
  • 本田重樹監督(MuSASHi RT HARC-PRO)《撮影 吉田 知弘》
  • 3連覇を目指すMuSASHi RT HARC-PROの本田重樹監督と高橋巧《撮影 吉田知弘》
  • MuSASHi RT HARC-PRO 本田重樹監督
  • ケーシー・ストーナー氏
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ