車内アナウンスを翻訳してスマホに表示、ヤマハと東急バスが実験

業界 レスポンス

ヤマハと東急バスは、バスの車内アナウンスの翻訳情報をスマートフォンに表示する実証実験を実施すると発表した。

東急バスの子会社東急トランセが運行する代官山循環バスの車内アナウンスに、ヤマハが開発した「おもてなしガイド」を活用することで「音のユニバーサルデザイン化」の実証実験「東急バス×ヤマハ Sound UD化プロジェクト」を実施する。期間は5月15日から9月30日までの約4か月間。

代官山循環バスは、沿線にマレーシア、エジプト・アラブ共和国、デンマークなどの大使館があり、外国人の利用者も多い。実証実験では、バス会社初の取り組みとしてバスの車内アナウンスに「おもてなしガイド」を導入する。車内アナウンスが流れている時に「おもてなしガイド」アプリを利用することで、インターネットやWi-Fiに接続することなく、アナウンスの内容をスマートフォンで日本語、英語、マレー語、アラビア語、デンマーク語の5カ国語の文字で確認できる。

外国人にも利用しやすいバスを目指す。

両社は、今回の実証実験を通して、「おもてなしガイド」の使い勝手向上を図るための機能を見直し、「音のユニバーサルデザイン化」を推進する。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ