トヨタ自動車、中長期保有前提の新株発行…研究開発資金などを調達

業界 レスポンス

トヨタ自動車は4月28日、中長期保有を前提とした、個人向けの新株「AA型種類株式」を発行すると発表した。

AA型種類株式は、発行価格を普通株式の120%以上と高めに設定するが、5年経過後以降、普通株式へ転換できるほか、発行価格での取得請求が可能。実質的に元本を保証することで、個人投資家のリスクを低減する。

原則5年間売買できない譲渡規制がつくが、議決権あり。配当は初年度0.5%、翌年度以降5年目まで0.5%ずつ段階的に増加し、5年目以降は2.5%となる。

新株の第1回発行は、6月の定時株主総会での承認後、5000万株を上限に実施。2回目以降の実施時期は未定だが、総数は発行済株式総数の5%にあたる1億5000万株、発行総額約1兆5000億円となる見込み。

また、普通株式の希薄化回避のため、トヨタは1回目のAA型種類株式の発行株式と同数程度の普通株式の「自己株式取得」もあわせて行う予定。

トヨタでは、AA型種類株式により取得する安定した資金を、中長期での研究開発やインフラ設備に投資する。なお、AA型の名称はトヨタ初の生産型乗用車の車名に由来するものだ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ自動車 豊田章男社長
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ