日野自動車の通期決算…販売台数過去最高も海外向け不振で減収減益

業界 レスポンス

日野自動車は4月28日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は1兆6852億円(前期比−0.8%)、営業利益は1055億円(−5.9%)、経常利益は1046億円(−4.2%)、純利益は745億円(−16.4%)だった。

国内売上台数は、トラック・バス総合計で前期比11.8%増の5万9000台だったが、海外売上台数は、タイやインドネシアの市場低迷により、同4.5%減の10万6300台。日野ブランド事業のトラック・バスの全世界総売上台数は同0.7%増の16万5300台で、過去最高となった。また、トヨタ向けは『ランドクルーザープラド』が減少、同4.5%減の16万8100台となった。

国内市場向けのトラック・バスは順調だったが、海外での売上台数減少などが影響し、減収減益。最終利益の減少は、東日本大震災による特損を計上した2011年3月期以来、4期ぶり。

今期の業績見通しについては、売上高1兆7400億円(+3.2%)、営業利益1100億円(+4.2%)、経常利益1090億円(+4.2%)、純利益は740億円(−0.7%)とした。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ ランドクルーザープラド
  • 日野自動車の市橋保彦社長《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ