ボルグワーナー、エンジンタイミング技術をフォードに供給…新型 マスタング用

業界 レスポンス

米国の大手自動車部品メーカー、ボルグワーナーは4月23日、新型フォード『マスタング』に、エンジンタイミング技術を供給すると発表した。

ボルグワーナーは、自動車用ターボチャージャー製造の大手として知られる存在。また、排出ガスをクリーンにする技術でも世界をリードしている。

ボルグワーナーが、新型フォードマスタングに供給するエンジンタイミング技術は、5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジン用。バリアブルカムタイミングと新開発のサイレントチェーン技術を供給する。ボルグワーナーによると、これらの技術は抵抗を減らし、エンジンの効率を引き上げる効果があるという。なお、新型マスタングだけでなく、新型『F-150』にも、これらの技術を供給していく。

ボルグワーナー Morse TECのジョー・ファドール社長は、「2011年モデルから、フォードモーターに先進のエンジンタイミング技術を納入してきた。今回も彼らの厳しい性能要求に合わせるために、バリアブルカムタイミングを共同開発した」と述べている。

  • 森脇稔
  • フォード マスタング 新型
  • 新型フォード マスタング
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ