GM、米国工場に投資、新型車の生産準備

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMは4月30日、今後3年間に米国内の工場へ、総額54億ドル(約6450億円)を投資すると発表した。

54億ドルのうち、7億8350万ドルは、米国ミシガン州の3工場へ投資する。

中でも、ランシングデルタ工場には、5億2000万ドルを投資。将来の新型車の生産への準備として、製造ラインを改修する。これにより、1900名の雇用を維持する。

ウォーレン工場には、1億3950万ドルを投資。新たな車体工場の建設と、プレス加工工程の更新に充当される。なお、残りの46億ドルの投資先については、今後数か月以内に明らかにされる予定。

GM北米部門のアラン・ベーティー社長は、「これらの投資は、GMが前進していることの証明」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ