マツダ アクセラ に「マツダスピード」、9月に登場か…300psの2.5ターボの可能性も

新車 レスポンス

マツダの主力車種、『アクセラ』。先代モデルに用意されていた高性能版、「マツダスピード」が、現行型に設定される可能性を、海外の自動車メディアが伝えている。

これは4月24日、オーストラリアの自動車メディア、『motoring.com.au』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「現行アクセラのマツダスピードは、9月のフランクフルトモーターショー15に、コンセプトカーとして出品される」と伝えている。

現行アクセラは、2013年6月に発表。すでにデビューから2年が経過しようとしているが、先代に用意されていた高性能バージョン、マツダスピードは今のところ、ラインナップされていない。

先代アクセラのマツダスピードは、最大出力264psを引き出す直噴2.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。刺激的なFFスポーツとして、多くのファンに支持された。

9月のフランクフルトモーターショー15に、コンセプトカーとして出品される可能性が出てきた現行アクセラのマツダスピード。同メディアは、そのパワートレインについて、「2.5リットルターボで、最大出力300ps」とレポートしている。

  • 森脇稔
  • 現行マツダ アクセラ に「マツダスピード」設定の可能性を伝えた豪『motoring.com.au』
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ