オールドナウ・カーフェスティバル…レスポンスブースのテーマは「ラグジュアリーのオールドナウ」

モータースポーツ レスポンス

5月5日に筑波サーキットで開催される「コカ・コーラ オールドナウ・カーフェスティバル」。2014年に続き、2年連続2回目の出展となるレスポンスは、「ラグジュアリーのオールドナウ」をテーマに2台のクルマをブース内に展示する。

2台のクルマのうち、「オールド」を担うのは1994年式のベントレー『コンチネンタルR』だ。ロールスロイス・モーターカーズ時代のベントレーブランド専用モデルであるコンチネンタルRは、全長5340×全幅1880×全高1460mmという巨大なボディに、伝統の6.75リットルV型8気筒エンジンを搭載。販売当時、世界で最も高価なクルマのひとつであった。

2003年まで販売されたコンチネンタルRは、ロールスロイス・モーターカーズの集大成といえるクルマ。コノリーレザーやバーウォールナットといった高価な素材を惜しげもなく用いたインテリアや、トルクフルな大排気量のエンジンによる重厚な走りは、世界の超高級車市場をリードし続けたロールスロイス・モーターカーズでしか成し得ないものだった。

もう一方の「ナウ」を担当するのはテスラ『モデルS』である。2012年に米国で販売が開始されたモデルSは、テスラ・モーターズが送り出すプレミアムEVとして、最大502kmの航続距離をゼロ・エミッションで可能にしている。2013年からは日本での販売も開始しているほか、0-100km/h加速3.3秒という、ハイパフォーマンスモデルの「P85D」といった派生モデルも登場している。

ゼロ・エミッションでの走行を可能にしている点や、センターコンソールに据えられた17インチのタッチスクリーンが可能にするコネクテッドな空間は、大排気量のエンジンを搭載し、外部とは遮断された空間を持つコンチネンタルRとは対照的だ。

この2台の展示によって、「ラグジュアリー」や「プレミアム」といった形容詞が指し示す内容が、これまでにどう変化し、これからどう変化していくかを体感できるブースとなっている。

コカ・コーラ オールドナウ・カーフェスティバルは、1986年から今年で開催29年目を迎え、ゴールデンウィークの恒例行事として多くのファンが毎年訪れる、筑波サーキット最大の自動車イベント。当日は、ヒストリックカーから最新のスーパーカーまで、それぞれの時代を彩った外国、国産の名車が集結する。

  • 瓜生洋明
  • ベントレー・コンチネンタルR(イメージ)
  • テスラ・モデルS(イメージ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ