ヒュンダイ、RM15 発表…ミッドシップレーサーが進化

新車 レスポンス

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は4月上旬、韓国で開催されたソウルモーターショー15において、コンセプトカーの『RM15』を初公開した。

ヒュンダイは2014年5月、韓国で開催された釜山モーターショー14で、コンセプトカーの『ベロスター・ミッドシップ』を発表。同車は、ヒュンダイの小型スポーツクーペ、『ベロスター』をベースに開発されたコンセプトカー。WRC(世界ラリー選手権)参戦マシン、『i20 WRC』の開発も手がけたヒュンダイのハイパフォーマンス部門が、ベロスターの高性能モデルを提案する。

そのハイライトは、車名の通り、ミッドシップレイアウトへの変更。ベロスターの市販車は、FF駆動が基本。ヒュンダイのハイパフォーマンス部門が、これをエンジン・ミッドシップ搭載の後輪駆動車に変身させた。

ミッドシップに搭載されるのは、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「GDI」。各部のチューニングにより、最大出力は300psまで引き上げられた。

今回、ソウルモーターショー15で初公開されたRM15は、昨年のベロスター・ミッドシップの進化版。アルミスペースフレーム構造に、CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)ボディパネルを組み合わせることで、195kgの軽量化を実現。車両重量を1260kgとした。

また、前後の重量バランスは、43対57に最適化。0-100km/h加速4.7秒のパフォーマンスを達成した。なお、車名のRM15は、「レーシング・ミッドシップ2015」を意味している。

  • 森脇稔
  • ヒュンダイ RM15
  • ヒュンダイ RM15
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ