マツダ 米国販売、7.5%増の2.4万台…アテンザ 効果で回復 4月

業界 レスポンス

マツダの米国法人、北米マツダは5月1日、4月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、4月としては過去20年で最高の2万4123台。前年同月比は7.5%増と、2か月ぶりに前年実績を上回った。

乗用車系では、主力車種の『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)が、改良新型投入の効果で、4月としては2006年に次いで多い4995台を販売。前年同月比は30.9%増と、4か月連続で増加した。

一方、『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)は、8006台。前年同月比は6.8%減と、2か月連続の前年実績割れ。新型投入を控えた『マツダ2』(日本名:『デミオ』)は、21台。前年同月比は97.2%減と、8か月連続で前年実績を割り込む。『マツダ5』(日本名:『プレマシー』)は、436台。前年同月比は34.3%減と、2か月連続で減少する。

ライトトラック(ピックアップトラックやSUV)系では、SUVの『CX-5』が、4月の新記録となる8960台を販売。前年同月比は31.1%増と、3か月ぶりに前年実績を上回った。2013年に大幅改良を受けた『CX-9』は1321台を売り上げ、前年同月比は0.5%増と、3か月ぶりに増加した。

スポーツカーでは、モデル末期の『MX-5ミアタ』(日本名:『ロードスター』)が、384台を販売。前年同月比は17.4%減と、2か月連続で減少した。

マツダの2014年の米国新車販売は、30万5801台。前年比は7.7%増だった。2015年1‐4月は、前年同期比1.7%増の10万2167台。北米マツダのロン・ステトナー営業担当副社長は、「マツダにおいて、ビジネスは短距離走ではなく、マラソン。今後も販売の質を重視していく」と語っている。

  • 森脇稔
  • マツダ CX-5 (米国仕様)
  • 新型マツダ3(アクセラ)セダン
  • マツダCX-9 の2013年モデル
  • マツダMX-5ミアタ(日本名:ロードスター)
  • マツダ2(日本名:デミオ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ