トヨタ i-ROAD、実用化に向け試乗モニター100名を募集

新車 レスポンス

トヨタ自動車は5月7日、パーソナルモビリティ『i-ROAD』の実用化に向け、企業および一般生活者と共同で取り組む新たな施策を7月より約1年間東京都内で実施すると発表した。

具体的には、i-ROADのコンパクトなボディサイズを活かして、スペース時間貸しや都心商業施設を運営する企業とともに、狭小スペースや空きスペースを発掘。i-ROAD専用の駐車スポットとして運用する。また、同駐車スポットで利用できる100V電源供給コンセント口の発掘を併せて行い、その一部を充電可能な場所として運用する。

さらに、パーツのカスタマイズで、パーソナルモビリティとしてより自分らしいi-ROADを楽しめる施策も実施。3Dプリンターを活用し、ボディパーツの一部を好みの色や表面加工等を施したパーツに交換可能とする。

今回の試行では、i-ROAD10台を使用。一般生活者のほか、有識者・クリエーターなどを対象とする総勢100名にそれぞれ1か月程度貸し出し、評価をしてもらう。加えて、駐車・充電時の利便性に関しては、実際に使用した人から追加・変更等の提案を受け付けるほか、各企業からもネットワークの拡充等につき意見を募るなど共同で充実させていく。

パーツのカスタマイズ等についても、同様のプロセスで企画開発を推進。今後、この施策を「OPEN ROAD PROJECT」と称して、新たな企業の参画も促す。なお、モニターの応募受付は、5月7日より特設ウェブサイトにて開始し、i-ROADの日常的な利用ニーズ等を確認の上、順次選考する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ i-ROAD
  • OPEN ROAD PROJECT
  • 駐車スポット(充電可)
  • 駐車スポット(充電可)
  • パーツのカスタマイズ
  • パーツのカスタマイズ
  • トヨタ i-ROAD
  • トヨタ i-ROAD
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ