出光興産の通期決算…原油急落で巨額の在庫評価損発生、最終赤字1379億円

業界 レスポンス

出光興産は5月7日、2015年3月期(2014年4月〜2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は4兆6297億円(前年同期比−8.0%)と減収。収益は営業損益が1047億円、経常損益が1076億円、最終損益が1379億円のそれぞれ赤字となった。

純利益に株式など資産価値の変化を加味した総合的な利益指標である包括利益は1028億円の赤字(前期は694億円の黒字)となった。

石油製品のマージンは拡大した一方、石油化学製品のマージン縮小や石油開発事業の不振により収益は悪化。原油価格の急落等により、在庫評価損1333億円が発生したことに加え、油田開発計画見直しで特別損失約392億円を計上。最終損益は1379億円の赤字となった。

今期の連結業績見通しは、売上高4兆3500億円(−6.0%)、営業利益920億円、経常利益890億円、純利益560億円とした。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ