GM、米工場に投資…シボレーの主力セダン生産へ

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMは5月4日、カンザス州カンザスシティのフェアファクス工場に、1億7400万ドル(約208億円)を投資すると発表した。

今回の投資は、GMのメインブランド、シボレーの主力中型セダン、『マリブ』の2016年モデルの生産を、フェアファクス工場で行うために行うもの。

GMは1億7400万ドルを投じて、フェアファクス工場を改修。工場の設備を更新し、マリブの生産に備える。

GMは4月30日、米国内の複数の工場に、総額54億ドル(約6453億円)を投資する計画を発表。フェアファクス工場への投資は、その一環となる。

GM北米部門のアラン・ベーティ社長は、「マリブの生産をフェアファクスで行うことを、全従業員が待ち遠しいと思っている」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • 新型 シボレー マリブ
  • 新型 シボレー マリブ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ