【JNCAP2014】スバル レガシィ、新・安全性能総合評価で最高得点…2位はデミオ

テクノロジー レスポンス

国土交通省は5月8日、2014年度の自動車アセスメント(JNCAP)の評価結果を公表。新・安全性能総合評価でスバル『レガシィ』が最高得点を獲得した。

JNCAPは、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)による自動車の総合的な安全性能評価で1995年度より毎年公表している。

乗員保護と歩行者保護を含めた「新・安全性能総合評価」については、スバル『フォレスター』『レヴォーグ/WRX』『レガシィ』、トヨタ『ヴォクシー/ノア/エスクァイア』『ハリアー』、日産『ティアナ』、ホンダ『ヴェゼル』『グレイス』、マツダ『アクセラ』『デミオ』の10車種が最高の5☆を獲得した。その中でレガシィが188.8点で総合トップ、2位はデミオ(185.7点)、3位はアクセラ(185.1点)だった。

予防安全性能アセスメントでは、スバル『インプレッサ』『レヴォーグ/WRX』『レガシィ』、トヨタ『カローラアクシオ/カローラフィールダー』、日産『スカイライン』、レクサス『LS』の6車種が最高得点を獲得した。

チャイルドシートアセスメントは、前面衝突試験でタカタ「takata04-neo SF」、コンビ「ネセルターン/ネルーム ISO FIX」、LEAMAN「カイナ」が、使用性評価試験でTAKATA「takata04-neo SF」「takata04-i fix WS」が高い評価を得た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ デミオ《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ アクセラスポーツXD
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ