豊田自動織機、新型充電スタンドを共同開発…複数台設置時のコスト低減

エコカー レスポンス

豊田自動織機は5月11日、プラグインハイブリッド自動車(PHV)および電気自動車(EV)用の新型充電スタンドを日東工業と共同開発、2015年秋に発売すると発表した。

新型充電スタンドは、通信機能やICカードによる利用者認証、課金、充電などの機能を搭載した親機と、充電機能に特化することで低価格と小型化を実現した子機の2機種をラインアップする。

親機は大型ディスプレイを採用し、感覚的な操作ができるタッチパネルインターフェースとし、さらに子機の制御機能を新たに追加した。現行モデルで複数台導入の場合は1台ずつ独立して充電・通信等を行っていたが、新型モデルでは親機1台で低価格な子機を10台まで制御可能。導入コストと通信費等の運用コストの低減を実現する。

また、独自開発のスマート充電システムを親機に搭載。車両ごとに入力電流を制御し、充電設備の契約電力量にあわせてピーク電力を制限する。複数台のPHV・EVを同時充電する公共施設、商業施設や時間貸し駐車場などの運用コスト低減に貢献する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ