VW 、新開発のW12気筒エンジン発表…ツインターボで608ps

新車 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは5月7日、オーストリアで開幕した「ウィーン・エンジン・シンポジウム2015」において、新開発の6.0リットルW12気筒エンジンを発表した。

フォルクスワーゲンは、2002年に発表した最上級サルーンの『フェートン』に、6.0リットルW12気筒エンジンを設定。このW12はその後、フォルクスワーゲングループのアウディやベントレーにも、拡大展開された。

今回、ウィーン・エンジン・シンポジウム2015で発表されたのは、新世代のW12気筒ガソリンエンジン「TSI」。排気量は従来と同じく、6.0リットル。この新開発エンジンを今後、フォルクスワーゲングループのプレミアムモデルに、広く搭載していく。

TSIの名前が冠された通り、直噴ターボ化されているのが特徴。しかも、2個のターボで過給され、最大出力608ps/6000rpm、最大トルク91.8kgm/1500-4500rpmを発生する。最大出力は、従来の450psから158psも強化。0-100km/h加速は4秒以下、最高速300km/hオーバーの性能を発揮する。

それでいて、気筒休止システムやアイドリングストップなどにより、CO2排出量250g/km以下を実現。フォルクスワーゲンは、「高級車セグメントにおいて、最も経済的な12気筒エンジン」と述べ、自信を示している。

  • 森脇稔
  • VWフェートン(参考画像)
  • アウディ A8L W12(参考画像)
  • ベントレー フライングスパー W12(参考画像)《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ