スズキ鈴木会長、未使用車の増加「責めるわけにはいかない」

業界 レスポンス

スズキの鈴木修会長兼社長は5月11日に都内で開いた決算会見で、軽自動車の販売競争激化で増えている未使用車について「苦し紛れに例外が出てくる。それを責めるわけにはいかない」との認識を示した。

未使用車とは、買い手が付く前の新車を販売店がナンバー登録だけおこなうもので、販売台数の水増しと指摘されている。

鈴木会長は「軽の(販売)比率がダイハツ工業が99%、スズキが90%、そこまではみんな頭の中にある。それに対して三菱自動車が65%、ホンダが52%、この辺になると、そんなに比率が高いのかという話になる。日産自動車も35%くらいになって、トヨタを除くと軽メーカーばかりになっている。だからみなさん無理をしたということなので、必ずしもそれが続くと思っていない」と述べ、未使用車の発生の背景を解説。

こうした現状について鈴木会長は「やってよろしいということは言えない」としながらも、「やってはならないことだが、苦し紛れに例外が出てくる。それを責めるわけにはいかない。でもほどほどにしときなさいよと言わざるを得ない」と述べた。

  • 小松哲也
  • スズキ アルト 新型《撮影 小松哲也》
  • スズキ 鈴木修 会長兼社長《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ