三菱電機、自動車用パワー半導体モジュールに大容量インバーター対応モデルを追加

業界 レスポンス

三菱電機は、自動車用パワー半導体モジュール「J1シリーズ」のラインアップを拡大。大型EVやハイブリッドバス・トラックなどの大容量モーターを駆動するインバーターに用いる2品種(650V/1000A、1200V/600A)のサンプル提供を10月から順次開始する。

新製品は、同社独自のCSTBTTM構造を採用した第7世代IGBTの搭載とパッケージ構造の最適化により、小型パッケージを実現。従来の2in1製品を6台使用した場合に比べ、実装面積を約60%に縮小し、インバーターの小型・軽量化に貢献する。

また、第7世代IGBTの搭載により、コレクタ・エミッタ間飽和電圧を従来製品比約10%低減し、インバーターの低消費電力化に貢献。冷却フィン一体の直接水冷構造により、従来製品比で放熱特性を約30%向上させ、インバーターの小型化と高信頼性に寄与する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 自動車用パワー半導体モジュール「J1シリーズ」(大容量インバーター対応品)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ