【アウディ A1 改良新型】初の1リットルターボ登場、249万円から…22.9km/Lの低燃費

新車 レスポンス

アウディジャパンは、コンパクトカー『A1』および『A1スポーツバック』の装備、仕様を一部変更し、6月18日より発売する。

今回の改良では、両モデルに新開発の1.0リットル直列3気筒直噴ターボエンジンを採用したモデルを導入する。アウディ史上初の3気筒エンジンは、最高出力95ps、最大トルク160Nmを発揮し、燃費はアウディとして過去最高の22.9km/リットル(JC08モード)を達成。

また、気筒休止システムを備えた1.4リットル直噴ターボエンジンは140psから150psへと出力向上。両エンジンとも7速Sトロニックを組み合わせ、新燃費基準である2020年度燃費基準を達成、エコカー減税対象車となる。

エクステリアでは、昨年発売した上級スポーツモデル『S1』の意匠を取り入れ、ヘッドライトやLEDテールランプ、前後バンパーやワイドになったシングルフレームグリルなどのデザインを変更、20mm全長を延長し、よりシャープで力強い印象となっている。

インテリアではアルミニウムルックやハイグロスブラックの装飾を増やし、上質さを高めた。また電動パワーステアリングを新たに採用し、燃費向上と高い走行安定性を実現。「1.4TFSI シリンダー オン デマンド」には、アウディドライブセレクトを標準装備する。

安全面では、衝突のあとに自動的にブレーキをかけて二次衝突の危険を防ぐマルチコリジョンブレーキを新採用した。さらに、新グレードとしてスポーツシートやスポーツサスペンションなどを備えた「スポーツ」を設定した。

価格はA1 1.0 TFSIが249万円、A1 1.0 TFSIスポーツが265万円、A1 1.4 TFSIシリンダー オン デマンドが329万円、A1スポーツバック1.0 TFSIが269万円、A1スポーツバック1.0 TFSIスポーツが285万円、A1スポーツバック1.4 TFSIシリンダー オン デマンドが349万円。

また、アウディジャパンは同日、コンパクトSUV『Q3』の改良新型も発表。都市型コンパクトラインアップを充実させる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • アウディ A1 改良新型《撮影 宮崎壮人》
  • アウディ Q3 改良新型とアウディ A1 改良新型《撮影 宮崎壮人》
  • アウディ A1 改良新型《撮影 宮崎壮人》
  • アウディ A1 改良新型《撮影 宮崎壮人》
  • アウディ Q3 改良新型とアウディ A1 改良新型《撮影 宮崎壮人》
  • アウディ A1 改良新型 とアウディジャパン大喜多寛社長《撮影 宮崎壮人》
  • アウディ A1 改良新型《撮影 宮崎壮人》
  • アウディ A1 改良新型《撮影 宮崎壮人》
  • アウディ A1
  • アウディ A1
  • アウディ A1スポーツバック
  • アウディ A1スポーツバック
  • アウディ A1
  • アウディ A1
  • アウディ A1スポーツバック
  • アウディ A1
  • アウディ A1
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ