いすゞ中期計画、2018年3月期に世界出荷台数82万台へ

業界 レスポンス

いすゞ自動車は5月12日、「ものづくり」と「稼働サポート」の両事業による成長と一環連携構築を目指す、新たな「中期経営計画(2015年4月〜2018年3月)」を策定した。

同計画は、前中期経営計画にて取組みを始めた「販売参画強化」と「保有ビジネス深耕」に一層の力を注ぎ、「ものづくり事業」に加えて「稼働サポート事業」の確立を図るもの。

3(日本 アセアン タイ)+2極(中国 インド)のグローバルものづくり体制の推進、商品ラインナップの拡充と技術の強化、稼働サポート事業の展開(新興国)と高度化(先進国)、より市場に近い営業体制への移行、「ものづくり」と「稼働サポート」両事業をつなぐ取組み、次代に向けた基盤づくり。この6つ取組みを推進し、グローバルに存在感のある企業への成長を目指す。

また、2018年3月期の世界出荷台数は、CV(商用車)38万台(2015年3月期比14.8%増)、LCV(ピックアップトラックなど)44万台(同30.2%増)、合計82万台(同22.6%増)を目標とした。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • いすゞ自動車 中期経営計画(2015年4月〜2018年3月)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ