【人とくるまのテクノロジー展15】スバル富士重、アイサイト開発の歴史をたどる展示

業界 レスポンス

富士重工業は、5月20日から22日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2015」に出展。スバル独自の運転支援システム「アイサイト」開発の歴史などを紹介する。

スバルは、26年前にステレオカメラ方式を応用し距離と物体を画像認識して、自動車を制御する運転支援システムの開発をスタートした。今回は、「ADA」、「アイサイト」と開発を進め、全車速追従クルーズコントロールと緊急停止を実現した「アイサイト(ver.2)」へ、さらに認識力向上とステアリング制御も可能とした「アイサイト(ver.3)」までのヒストリーを、部品展示やオリジナル動画で紹介する。

そのほか、最新の「アイサイト(ver.3)」で出展ブースをリアルタイムで撮影。映像を表示しながら機能を詳細に解説する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • アイサイトイメージ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ