ダッジ バイパー 新型に「ACR」復活…軽量サーキット仕様

新車 レスポンス

米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)のダッジブランドは5月8日、新型『バイパー ACR』を発表した。

車名の「ACR」とは、アメリカン・クラブ・レーサーの略。公道走行に必要な法規を満たしつつ、サーキット走行に対応させるために、バイパーの性能を、さらに引き上げたのが、バイパー ACR。先代バイパーに用意されていたACRが、新型で復活を果たす。

フロントリップスポイラーや大型リアウイングをはじめ、多くのパーツがカーボンファイバー製。19インチのアルミホイールの隙間からは、大型のカーボンセラミックブレーキが見える。キャリパーは、ブレンボ製の6ピストン。レース用サスペンションも組み込む。

室内は、軽量化のために、カーペットや遮音材などを省略。快適装備は、ラジオとスピーカー程度とした。ステアリングホイールは、アルカンターラ仕上げ。カーボンファイバー製パーツも、各部に使用されている。

8.4リットルのV型10気筒ガソリンエンジンに変更はない。最大出力は645hp、最大トルクは83kgmと、自然吸気エンジンとしては、世界最強レベル。トランスミッションは、6速MTを組み合わせている。

  • 森脇稔
  • ダッジ バイパー ACR
  • ダッジ バイパー ACR
  • ダッジ バイパー ACR
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ