メルセデス Gクラス、欧州で改良新型…内外装をリファイン

新車 レスポンス

ドイツの高級車、メルセデスベンツは5月4日、『Gクラス』の改良新型モデルを欧州で発表した。

改良新型モデルでは、内外装を小変更。欧州では、基本グレードとして、ディーゼルの「G350d」、ガソリンの「G500」を設定。両グレードともに、新デザインのバンパーを採用した。

さらに今回から、ボディ同色のAMG製ホイールアーチを標準装備。G350dには、18インチの5本スポークアルミホイールが、新たに装備されている。

室内には、ダッシュボード中央に、11.4cmのマルチファンクションディスプレイをレイアウト。スイッチ類の形状が見直され、操作性を向上させた。

エンジンに関しては、G500が新開発の直噴4.0リットルV型8気筒ツインターボに変更。G350dは従来通り、3.0リットルV型6気筒ターボディーゼルで、最大出力245hp、最大トルク61.2kgmを引き出す。

  • 森脇稔
  • 改良新型メルセデスベンツGクラスのG350d
  • 改良新型メルセデスベンツGクラスのG350d
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ