【リコール】ホンダ アコードHVなど、自動ブレーキに不具合…予期せぬ急制動のおそれ

業界 レスポンス

ホンダは5月14日、『アコードハイブリッド』などの衝突軽減ブレーキシステムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『アコードハイブリッド』『アコード プラグインハイブリッド』の2車種で、2013年5月22日から2015年4月17日に製造された計1万0760台。

衝突軽減ブレーキシステム装着車において、ミリ波レーダーによる障害物検知プログラムが不適切なため、路肩や中央分離帯等に防護柵があり、先行車との車間距離が離れた際に、受信したミリ波情報を稀に前方障害物と誤認識することがある。そのため、衝突の可能性がないのに、マルチインフォメーションディスプレイに警告表示がされるとともに警告音を発し、予期せぬ急制動がかかるおそれがある。

改善措置として、全車両、前方障害物衝突軽減制御装置の障害物検知プログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合は2件、物損事故が1件発生している。市場からの情報により発見した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ