ホンダ峯川専務「原因不明だが的確に手を打つ」…エアバッグリコール

業界 レスポンス

ホンダの峯川尚専務執行役員は5月15日、タカタ製エアバッグの欠陥問題に関し「原因が分からないので予防的措置として、お客様の安全第一で的確に手を打っていく」と表明した。

同日、都内の本社で開いた新モデルの発表会見で語った。ホンダは14日に国内で約173万台、それを含み世界では約498万台を新たにリコールした。これでエアバッグのリコールはグローバルで約1960万台となった。

今回のリコールは調査回収で不具合につながる可能性が分かったもので、同社は「予防的措置」としている。峯川専務は今後も「先手先手で手を打ちたい。これしかない」と述べ、疑わしき事象には積極的に対処する方針を示した。

  • 池原照雄
  • ホンダ アコード ハイブリッド《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ