【ホンダ シャトル 発売】ガソリンモデルは「若い人たちに是非乗ってほしい」

新車 レスポンス

ホンダが5月15日に発売した新型ステーションワゴン『シャトル』は、1.5リットルエンジンと組み合わせたハイブリッド車と1.5リットル直噴エンジン車という2つのパワープラントを設定している。

シャトルの開発責任者を務める本田技術研究所四輪R&Dセンターの磯貝尚弘主任研究員は「価格とクラス感でいうと、若い人たちに是非乗ってほしい」と語る。

ガソリンモデルの価格は169万〜188万4400円。一方のハイブリッドモデルは199万〜254万200円となっており、ガソリンモデルは最廉価グレードという設定だ。

磯貝氏は「廉価とはいえ、CVTとの組み合わせになるがハイデッキセンターコンソールも備えているし、あえて切っている場所はない」と自信を見せる。さらに「いまどき軽自動車でも200万円する。あの形であのクラス感なら、スノーボードやサーフィンなどに良いんじゃないかなと期待している」と述べていた。

  • 小松哲也
  • 本田技術研究所 四輪R&Dセンター 磯貝尚弘 主任研究員《撮影 吉田瑶子》
  • ホンダ シャトル《撮影 小松哲也》
  • ホンダ シャトル《撮影 小松哲也》
  • ホンダ シャトル《撮影 小松哲也》
  • ホンダ シャトル《撮影 小松哲也》
  • 本田技術研究所 四輪R&Dセンター 磯貝尚弘 主任研究員《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ