【人とくるまのテクノロジー展15】日産、リーフベースのロボットカーを展示

業界 レスポンス

日産自動車は、5月20日から22日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2015」の出展概要を発表した。

日産は、同社が目指すゼロ・エミッションおよび、交通事故による死亡重傷者数ゼロの実現に向けた最新の「電動化」、「知能化」の取り組みを紹介する。

日産ブースでは、電気自動車(EV)『リーフ』をベースとした自動運転車「Autonomous Drive」試作車両を展示する。また、電動化の取り組みとして、最新のFF(前輪駆動)車用ハイブリッドシステムやリーフのパワートレインユニットを展示するほか、超小型電気自動車「ニューモビリティ コンセプト」を用いたカーシェア実証実験「チョイモビ」の取り組みについて紹介する。

知能化の取り組みとしては、自動運転を実現するキー技術の1つであるセンシング技術について、ぶつからないロボットカー「EPORO」を用いたデモンストレーションで紹介する。

また特別企画展示会場には、電気自動車『e-NV200』の車両と「LEAF to Home」電力供給システムを展示。さらに、試乗コーナーではe-NV200の体験試乗を行うほか、同イベントでは初となるニューモビリティ コンセプトの公道試乗を実施する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ