【アウディ A1 改良新型】3気筒でもプレミアムブランドらしいエンジンに

新車 レスポンス

アウディ『A1』が装備、仕様を一部変更し、6月18日から発売される。今回の最大のポイントはアウディ初の1リットル3気筒エンジンの搭載にある。

アウディジャパンはこのエンジン搭載車をエントリーグレードと位置づけ、249万円で販売する。商品改良前のエントリーグレードと比較をすると、32万円安くなった。アウディジャパン代表取締役社長の大喜多寛氏は「1リットル3気筒エンジン採用の結果、コストが抑えられ、非常にお買い得な価格設定が出来た」とコメント。

これまでのエントリーグレードは1.4リットルTFSIだった。アウディジャパン商品企画プレセールス部の徳永雄三氏は、「(3気筒エンジンは)燃費を高めるために、より高効率化を図るべく開発をしており、1.4リットルと比較をしても遜色のないパワーを持ちつつ、かつ、極めて軽量でしかも燃費も良いエンジンが導入できた」と完成度の高さを評価。

徳永氏は、「A1を普段の足として使い必要以上のパワーを求めていないユーザーに向けて、より求めやすい価格のクルマを作るために3気筒エンジンを選択した」とするが、プレミアムブランドとしてのレベルは十分確保しているという。

このエンジンはフォルクスワーゲン『up!』に搭載している3気筒エンジンと基本設計は共通だ。しかし、アウディではバランサーシャフトを採用したほか、直噴ターボ化することで、「コストをかけ、3気筒だからといって今までのドライバビリティやフィーリングをスポイルすることなく、アウディのプレミアムに相応しいエンジンに仕上がっている」と述べた。

  • 内田俊一
  • アウディ A1 改良新型《撮影 内田俊一》
  • アウディ A1 改良新型《撮影 内田俊一》
  • アウディ A1 改良新型《撮影 内田俊一》
  • アウディ A1 改良新型《撮影 内田俊一》
  • アウディ A1 改良新型《撮影 内田俊一》
  • アウディ A1 改良新型《撮影 内田俊一》
  • アウディ A1 改良新型《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ