【ニュル24時間 2015】アウディ R8 が2連覇…日本勢は GT-R 9位、スバルはクラス優勝を奪還

モータースポーツ レスポンス

43回目を迎えたニュルブルクリンク24時間レースの決勝。日本時間の17日23時00分にゴールを迎え、28号車アウディスポーツ・チームWRT(アウディ『R8 LMS』)が156周で総合優勝を飾った。

今年は直前のVLNシリーズで起きた事故により、安全性向上のため最高速度の制限区間が設けられた1戦となったが、主要カテゴリーのSP9 GT3クラスが30台以上参戦。例年になくハイレベルのトップ争いが繰り広げられ、上位を走るマシンに様々なトラブルやアクシデントが発生。前半から波乱含みの展開となった。

夜が明けてからは28号車アウディと25号車BMWスポーツトロフィー・チームマルクVDS(BMW『Z4 GT3』)との一騎打ちに。ピットインの度に順位が入れ替わる僅差のバトルとなった。その中でも少しずつ28号車アウディが差を引き離し40秒のリードを持ってファイナルラップへ。通常なら勝敗が決しておりチェッカーに向けての半ばパレードランのような形でゴールを迎えるが、今年はトップ2台が同一周回、両者ともが最終コーナーまでアクセル全開で攻めきってのチェッカーフラッグとなった。

チームは異なるがアウディ『R8 LMS』は2年連続の総合優勝。今年は新型のGT3マシンでの戦いとなったが、中盤以降は力強い走りを披露した。

総合3位には44号車ファルケンモータースポーツ(ポルシェ『GT3R』)が入り、参戦16年目にして初めてファルケンカラーのポルシェが表彰台を獲得。終わってみればドイツを代表する3メーカーが表彰台を分け合った。

注目の日本勢は全車が完走を果たした。総合最高位は35号車のニッサンGTアカデミー・チームRJN(アレックス・バンコム/星野一樹/ミハエル・クルム/ルーカス・オルドネス)。24時間を通して一度もガレージに戻しての大きな修復作業を行うことなく順調に走行。残り40分を切ったところで9位に浮上し、そのままの順位でシングルフィニッシュを飾った。

53号車レクサス『LFA CodeX』(影山正彦/石浦宏明/大嶋和也/井口卓人)は終盤に6速が使えなくなるギアトラブルに見舞われたが、総合14位でフィニッシュ。2年連続でSP PROクラスを制した。187号車レクサス『RC』(木下隆之/佐藤久実/蒲生尚弥/松井孝允)も残り2時間を切ったところで電気系トラブルが発生。何度もピットインを繰り返し、最後はペースを落としながらチェッカーを目指したが最終ラップでライバルに抜かれSP3Tクラス4位でチェッカー。総合39位という結果に終わった。

114号車スバル『WRX STI』(カルロ・ヴァン・ダム/山内英輝/ティム・シュリック/マルセル・ラッセ−)は、スタートから同じクラスのマシンを圧倒しただけでなく、総合順位も着実に上げていき、NBRチャレンジでは過去最高となる総合18位でチェッカー。SP3Tクラスでは2位以下に12周もの大差をつけ堂々のクラス優勝を果たした。

  • 吉田 知弘
  • 総合優勝を果たした28号車アウディR8 LMS《撮影 益田和久》
  • わずか40秒差で2位となった25号車BMW Z4《撮影 益田和久》
  • ファルケンカラーでお馴染みの44号車ポルシェGT3Rが表彰台獲得《撮影 益田和久》
  • 2012年以来となるSP3Tクラス優勝を果たした114号車スバルWRX STI《撮影 益田和久》
  • 総合9位に入った35号車日産GT-R《撮影 益田和久》
  • ニュルブルクリンク24時間レース 2015《撮影 益田和久》
  • ニュルブルクリンク24時間レース 2015《撮影 益田和久》
  • 総合優勝を果たした28号車アウディR8 LMS《撮影 益田和久》
  • 総合優勝を果たした28号車アウディR8 LMS《撮影 益田和久》
  • 終盤のトラブルに屈することなく総合14位でチェッカーを受けた53号車レクサスLFA《撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ