【レッドブル・エアレース 第2戦】優勝はポール・ボノム選手、室屋選手はコースレコード記録も8位

モータースポーツ レスポンス

日本初開催となったレッドブル・エアレースの第2戦。17日に千葉・幕張海浜公園で決勝が行われ、ポール・ボノム選手が日本ラウンド初代王者に輝いた。室屋義秀選手は、ラウンド・オブ・14でコースレコードを記録するも、続くラウンド・オブ・8で敗退し8位でレースを終えた。

刻々と風向きが変わる難しいコンディションの中、13時の決勝レース、ラウンド・オブ・14がスタートした。ここで2014年のチャンピオン、ナイジェル・ラム選手がいきなり敗退する波乱の展開に。

唯一の日本人パイロットで地元凱旋レースとなった室屋選手は、この千葉から新型機を投入しコースレコードとなる50.779秒をマーク。応援に詰め掛けた約6万人の観客を熱狂させた。

15時05分からは、ラウンド・オブ・14での勝者7名プラス、敗者の中で最もタイムの良かった1名を加えた8名で争われるラウンド・オブ・8がスタート。コースレコードを記録した室屋選手は、ポール・ボノム選手と対戦し好タイムを記録するも、折り返しポイントでオーバーGを記録しここで敗退してしまう。

迎えたファイナル4は、マット・ホール選手、ポール・ボノム選手、マティアス・ドルダラー選手、ニコラス・イワノフ選手の戦いに。

予選1位を記録したイワノフ選手はDNFという結果に終わり、51.502秒を記録したボノム選手が、前戦のアブダビに続き2戦連続の優勝を果たした。

◆レッドブル・エアレース 第2戦 決勝結果

1. ポール・ボノム選手

2. マット・ホール選手

3. マティアス・ドルダラー選手

4. ニコラス・イワノフ選手

5. ナイジェル・ラム選手

6. マイケル・グーリアン選手

7. カービー・チャンブリス選手

8. 室屋義秀選手

◆レッドブル・エアレース 2015 ポイントランキング

1. ポール・ボノム選手

2. マット・ホール選手

3. ナイジェル・ラム選手

4. ピート・マクロード選手

5. マティアス・ドルダラー選手

6. ニコラス・イワノフ選手

7. ハンネス・アルヒ選手

8. 室屋義秀選手

9. マイケル・グーリアン選手

10. ピーター・ベネゼイ選手

11. カービー・チャンブリス選手

12. フアン・ベラルデ選手

13. マルティン・ソンカ選手

14. フランソワ・ルボット選手

  • 編集部
  • レッドブル・エアレース 第2戦 千葉ラウンドBalazs Gardi/Red Bull Content Pool
  • レッドブル・エアレース 第2戦 千葉ラウンドJorg Mitter/Red Bull Content Pool
  • レッドブル・エアレース 第2戦 千葉ラウンドSamo Vidic/Red Bull Content Pool
  • 予選1位通過となったニコラス・イワノフ選手の飛行《撮影 会田肇》
  • 臨時滑走路を離陸していく室屋選手の機体。《撮影 石田真一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ