ミニバンの元祖、新型でどう変わる!?

新車 レスポンス

ミニバンと言えば日本メーカーが元祖と思っている人も多いかも知れない。しかし1983年の3列シートのミニバン、『ダッジ・キャラバン』『プリマス・ボイジャー』や、その後の『タウン&カントリー』(日本名:ボイジャー/グランドボイジャー)は世界に多大な影響を与えミニバンの元祖とも言えるだろう。

その『タウン&カントリー』次世代ミニバンを捕捉した。厳重にカモフラージュされたエクステリアは詳細不明だが2012年に公開された『クライスラー 700C コンセプト』の超未来的デザインをベースとも言われており、現行モデルとは全く異なるミニバンの誕生となる可能性もある。

パワートレインは2リットル直列4気筒他、プラグインハイブリッドの設定もありそうだ。

ワールドプレミアは2016年1月のデトロイトモーターショーとアナウンスされている。

  • 子俣有司@アポロニュースサービス
  • クライスラータウン & カントリー スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • クライスラータウン & カントリー スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • クライスラータウン & カントリー スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • クライスラータウン & カントリー スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • クライスラータウン & カントリー スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • クライスラータウン & カントリー スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • クライスラータウン & カントリー スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ