メルセデス Gクラスの頂点、G65 AMG が630hpに進化

新車 レスポンス

ドイツの高級車、メルセデスベンツが5月4日、欧州で発表した『Gクラス』の改良新型モデル。シリーズの頂点に位置する『G65 AMG』が、さらにパワーを引き上げて登場した。

G65 AMGは2012 年春、北京モーターショー12で発表。大幅改良を受けたGクラスをベースに、メルセデス-AMGが高性能化を図ったモデル。メルセデス-AMGが開発したパワフルなガソリンエンジンを積む。

G65 AMGの心臓部は、6.0リットルV型12気筒ツインターボ。最大出力612hp/4300-5600rpm、最大トルク102kgm/2300-4300rpmを引き出す。0-100km/h加速は5.3秒、最高速は230km/h(リミッター作動)の俊足ぶり。

今回、欧州で発表された改良新型モデルでは、G65 AMGの6.0リットルV型12気筒ツインターボが、さらにパワーアップ。最大出力は612hpから630hpへ、18hp引き上げられた。102kgmの最大トルクは変わっていない。

パフォーマンスに関しては、0-100km/h加速が5.3秒と公表された。従来通り、SUVとしては異例のパフォーマンスを備えている。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツ G65 AMG の改良新型
  • メルセデスベンツ G65 AMG の改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ