シボレー カマロ もダウンサイズ! 新型に2リットル4気筒エンジン

新車 レスポンス

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドが5月16日、米国ミシガン州デトロイトで初公開した新型『カマロ』。同車に、ダウンサイズエンジンとして、4気筒が設定される。

4気筒エンジンが搭載されるのは、米国仕様の「LT」グレード。直噴2.0リットル(1998cc)直列4気筒ガソリンターボ「エコテック」エンジンが、LTの標準ユニットになる。

このエンジンは、最大出力275hp/5600rpm、最大トルク40.8kgm/3000-4500rpmを発生。最大トルクの90%は、2100‐3000rpmの常用域で引き出される特性を持つ。

トランスミッションは、6速MTが標準で、8速ATがオプション。パフォーマンスに関しては、0‐96km/h加速が6秒以下の実力。それでいて、米国EPA(環境保護局)の予想燃費は、高速が30マイル/ガロン(約12.75km/リットル)。

シボレーは、「カマロ史上、最も燃費効率に優れる」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • シボレー カマロ 新型
  • シボレー カマロ 新型
  • シボレー カマロ 新型
  • シボレー カマロ 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ