シボレー カマロ 新型、高性能な「SS」継続…6.2リットルV8は455hp

新車 レスポンス

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドが5月16日、米国ミシガン州デトロイトで初公開した新型『カマロ』。高性能グレードとして、「SS」が継続設定されている。

新型のSSは、歴代『カマロSS』の中で、最もパワフルなモデルとして登場。「LT1」型と呼ばれる6.2リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンは、さらなるパワーアップが図られた。

新型用の直噴6.2リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンは、『コルベット』用をベースにしながら、エグゾーストマニホールドなど、部品のおよそ20%を新型カマロ用に新設計。最大出力455hp/6000rpm、最大トルク62.9kgm/4400rpmを獲得する。

トランスミッションは、レブマッチング機能付きの6速MTが標準。パドルシフト付きの8速ATは、オプション。足回りには、マグネティック・ライド・コントロールが、カマロSSとしては初めて用意された。

シボレーは、「新型カマロSSのテストコースでのラップタイムは、先代のサーキット仕様、『カマロ1LE』を上回る」と、自信を示している。

  • 森脇稔
  • 新型シボレー カマロ SS
  • 新型シボレー カマロ SS
  • 新型シボレー カマロ SS
  • 新型シボレー カマロ SS
  • 新型シボレー カマロ SS
  • 新型シボレー カマロ SS
  • 新型シボレー カマロ SS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ