アウディ A3、欧州でスタイルパッケージ…カーボン製パーツ採用

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディは5月13日、オーストリアで開幕した「GTIミーティング・アット・ヴェルターゼー」において、『A3』の「スタイルパッケージ」を初公開した。

GTIミーティング・アット・ヴェルターゼーは、今年で34回目。欧州最大規模のフォルクスワーゲングループのファン感謝イベント。フォルクスワーゲングループから、フォルクスワーゲン、アウディ、セアト、シュコダなどの各ブランドが参加。オーストリアの会場には、欧州から多くのファンが集まり、盛り上がりを示す。

A3のスタイルパッケージは、アウディの主力車種、A3シリーズの欧州仕様に設定されるもの。新しい純正アクセサリーとして、ラインナップされている。

エクステリアには、専用デザインのサイドシル、ディフューザー、リアバンパーを装備。これらのパーツはブラック仕上げで、ボディ同色仕上げも選択できる。

また、ルーフスポイラー(セダンはトランクスポイラー)とドアミラーカバーは、カーボンファイバー製。ドアを開けた際には、「quattro」のロゴが足元を照らすLEDライトも採用されている。

  • 森脇稔
  • アウディ A3セダンのスタイルパッケージ
  • アウディ A3セダンのスタイルパッケージ
  • アウディ A3セダンのスタイルパッケージ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ