タカタのエアバッグ、米国で3400万台のリコールで合意…会長のコメント

業界 レスポンス

5月19日、エアバッグの不具合により、米国でおよそ3400万台をリコール(回収・無償修理)することで、米運輸省(NHTSA)と合意したタカタ。同社が声明を出している。

この声明は5月20日、タカタが発表したもの。同社の高田重久代表取締役会長兼CEOが、コメントを発表している。

タカタと米運輸省の間では、これまで度重なる話し合いが行われてきた。米運輸省は、早期のリコールに踏み切るよう、タカタに要請。これに対して、タカタはリコールに慎重な姿勢を取ってきた。

高田重久代表取締役会長兼CEOは、「顧客の安全確保、信頼回復へ向けて、NHTSAと今回の合意に至り、一歩前進できたと認識している。今後も米運輸省や自動車メーカーと全面的に協力し、顧客の安全確保を最優先にして、予防的措置を行っていく」とコメント。

また、タカタは、今回の米運輸省との合意について、「一部の不具合が生じたインフレータに関するもの」と説明。今回は、米国でおよそ3400万台をリコールすることで合意したが、タカタのエアバッグは全世界に供給されており、このリコールが米国および世界で、さらに拡大する可能性もある。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ